乾電池のリサイクルと充電式電池を比較

正しくリサイクルしよう

使い方を把握して決めよう

使い捨ての乾電池は、どのような方法で処分できるのか知っていますか。 決められた日に回収してもらうことで、リサイクルされます。 充電式電池は、電気屋などに持って行くことで回収してもらえます。 それぞれ処分方法が決められているので、必ず守ってください。

何が乾電池のメリットなのか

乾電池で動く、家電があると思います。 電池が切れた時にすぐ交換できる面が、乾電池のメリットです。 充電式電池は充電しなければいけないので、時間が掛かります。 また充電式電池は、初期費用が高いです。 乾電池の方が安い価格で販売されているので、気軽に買えます。

捨てる際の方法がそれぞれ異なる

乾電池は、回収できる日が決まっています。
行政に処分を任せる際は、その日に出すことを守ってください。
きちんと決められた日に出すことで、正しくリサイクルできます。
充電式の電池は、電気屋に行くと回収箱を見つけることができます。
その中に入れることで、正しい方法で回収されます。
充電式の電池を使っている人は、どこに回収箱があるのか使ってください。
必要なくなったら、必ずその中に入れましょう。

乾電池は、電池が切れたらすぐに交換できる面がメリットです。
充電式の電池は一旦充電しなければいけないので、電池が切れてもすぐに交換できません。
必要な時に乾電池がなかったら交換できないので、ストックを購入しておきましょう。
常に、自宅にどのくらいの乾電池が残っているのか考えてください。
急に電池がなくなっても、深夜では買いにいけないかもしれません。
また電池を扱っているお店が近くにあるのか、調べておくことをおすすめします。

充電式電池は、繰り返して使用できる面がメリットです。
たくさん電池を使う人は、そのたびに乾電池を買っていると高額な出費になってしまいます。
充電式電池なら、本体を購入すればしばらくは充電して使えるので、出費を防ぐことができます。
電池を使う頻度を考えると、自分が乾電池と充電式電池のどちらが良いのか判断できると思います。
充電式電池にも、寿命があります。
充電できなくなったら寿命だと思って、新しいものに取り換えてください。

何度も繰り返して使用可能

何よりも、繰り返して使えるという部分が充電式電池のメリットです。 余計なゴミが増えなくて良いですね。 充電が完了するまでに、どのくらいの時間が必要なのか調べましょう。 繰り返し使用できる回数が増えれば、価格が高くなります。 そのことも踏まえて、どれを買うか選択してください。